肌荒れの原因となる成分

肌荒れは、さまざまな原因が重なって起こるもの。
しかしその中でもとりわけ大きな原因とされているのが、肌が触れるものだといわれています。

お尻や背中と違い、常にむき出しの状態の顔の肌は、思っている以上にさまざまな成分にさらされているものです。
メイク用品に含まれる化学成分はもとより、汚染された空気花粉ダニチリ手についた雑菌など、一日を過ごした顔の肌にはかなりの汚れが付着しています。

夜お休みの前にはこれらの汚れをしっかり落としてあげることが、肌荒れの対策には有効だといえます。

肌荒れの原因となる成分として大きいのは、やはり合成の化学化粧品です。
合成界面活性剤とよばれる、石油を原料に使った化粧品の数々は、安く手に入り使い勝手もよいので多くの女性が重宝しているようですが、肌には強い刺激をもたらすことが分かっています。

一日中、そんなものを顔に塗りつけていたら、肌が疲弊してしまうのは当たり前ですよね。
だからこそ、帰宅後はどんなにつかれていてもクレンジングを欠かさないようにすることが大切なのです。

また、肌が弱い人はそういった合成の成分をさけ、植物性成分を主体とした化粧品を使うなどしたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ