肌荒れの原因とは?

一口に肌荒れといっても、その症状は人それぞれで、当然ながら、その原因も人によって大きく異なってきます。

たとえば、ニキビ吹き出物顔の脂っこさ毛穴の開きがみられる肌荒れの人の場合は、ホルモンバランスの乱れ過剰な皮脂分泌水分不足運動不足ジャンクフードの食べすぎ便秘など胃腸の状態の悪さメイク残りなどが原因として考えられます。

一方、かさつき粉ふき小じわハリ不足といった肌荒れで悩んでいる場合は、栄養失調血液の不足睡眠不足加齢生活環境の悪さ(温度湿度)といった原因を考えることができます。

また、一時的な肌荒れ、たとえばかゆみ赤みクマのようなくすみの場合、花粉汚染された空気妊娠ダニ農薬、洗剤など化学薬品の影響を考えることができるでしょう。

またいずれの肌荒れにも共通する原因として、ストレスも大いに考えられます。
ストレスは、全身の血液や水分のめぐりを滞らせる一番の原因です。

血液の流れが悪くなってしまうと、それだけ栄養分が行き届かなくなってしまいますから、当然肌も元気を失ってあれていきます
さらには、その流れによって排出されるはずだった毒素が肌の表面にとどまって顔色を悪く見せたり、毛穴詰まりの原因になったりします。

このページの先頭へ