肌荒れ対策のスキンケアの基本

肌荒れを防ぐためのスキンケアの基本は、やはり正しい洗顔と保湿です。
洗顔は、顔の表面に付着したさまざまな汚れを取り除くのに欠かせない行為です。

日中のメイクや汗、余分な皮脂、ほこり、ダニ、汚れた大気などを一日の終わりにしっかりと洗い流してあげることで、肌をフラットな状態にもどすことができ、.きちんと細胞を休ませまた活性化することが可能になります。
それを習慣付けていれば、肌はいつまでも若々しく美しくいられるのです。

また、洗顔で失ってしまった水分や油分を補う保湿も大切です。
一度洗顔で奪われた水分や油分は、長時間たたないと復活しないといわれているのですが、それまでの間にも、肌の周りには外敵刺激がいっぱい。
そこから身を守るために、とりあえず肌に人工のバリアをはってあげることが必要になるのです。

また、肌荒れ対策のスキンケアには、気持ちも重要になります。
肌荒れしてて嫌だな、と思いながら行ったり、やけになってマッサージを繰り返したりしていると、肌はかえって疲れてしまいます。
一日の肌を労わるように優しく扱い、自分の肌は美しいと信じ、また今荒れてしまっている人は必ずよくなるよ、と肌に呼びかけながらスキンケアを行うだけでも、細胞の状態はぐっとよくなります。

このページの先頭へ